アクアリウムセラピーとは

アクアリウムセラピー

「瞑想ルーム」「脳トレーニング」「脳の若返り」などの言葉を良く耳にします。医学・科学の分野でも脳の働きや仕組みが盛んに研究されてきていますが、近い将来人に「癒し」をもたらす方法やそのメカニズムも実証されることと思います。

TOJOは独自の研究成果と、実際のクライアントから得た経験をもとにこのアクアリウムセラピーの効果を提唱しています。

癒しの空間は人の心にも作用する?=アクアリウムセラピー

私たちが扱うアクアリウムには人の気持ちを和らげる効果があります。診療の前にアクアリウムを黙視した患者さんは、それだけでも緊張が解けると言われています。また、アクアリウムの世話をするだけでもリラックスできることがわかっています。海外では認知症に対するアクアリウムセラピーも実践されています。

熱帯魚と対話することにより、精神的にも落ち着ける状態になるのです。

※「アクアリウムセラピー®」はTOJOグループの商標登録です。

 

アルツハイマーに熱帯魚

お年寄りは当然若い人より先は短いかも知れません。しかし時間に追われる我々と比べれば1日の時間はたっぷりあるのです。そのお年寄りの脳に刺激を与えることは、現代社会の中“時間”で生活している私達にはなかなかできないことなのです。 今、水槽を楽しそうに観ているお年寄りには何が見えるのでしょうか? 色とりどりに泳ぐ可愛い魚達を自分が若かった時と重ね合わせ見ているようです。魚に名前を付けるといつまでも話をしています。

癒しのカギを握るθ(シータ)波とは?

脳波の一つにθ(シータ)波と呼ばれるものがあります。θ(シータ)波は脳内の海馬と呼ばれる記憶をつかさどる部分を中心 に観察される脳波で、記憶や学習と深い関連があるといわれています。ウトウトと夢を見ているようなとき(レム睡眠時)やとても心地のよい状態のときにθ(シータ)波が出ています。 脳の完璧な癒しを体験するには、まず、きれいにディスプレイされている多少大きめな水槽の前で、リクライニングのロッキング機能の付いたイスにからだをあずけます。適度に体を揺らしながら心地の良い音楽(とくに超音波の出るもの)をバックに、何も考えず心を「無」にして5~30分ほど水槽を見ていると、次第に脳からθ(シータ)波が出てきます。このような状態に身を置くことがもっともリラックスできるのです。 日本テレビ取材班の方々が、TOJOショールームで実証実験をされました。脳波を測定する機械を使って確認したところ、新聞を読んでいるときには検出しなかったθ(シータ)波が、アクアリウムを見ているときには検出することができました。